なろう主人公「ふむ……では戦国時代に兵站を整備したらどうだろう」 信長一味「なんだと!? これは戦が変わる、常識が覆るぞ!!」

Jv4u8OS_201911172111025b4.png



 
 
 

1 名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


zoA4bIK.png

Jv4u8OS.png
 
 
 

4 名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


戦国時代ってなかったの?
 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


>>4
なかったら秀吉が籠城包囲した時逆に負けてる
 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


むしろ兵站に関しては戦国時代のがよっぽど考えてるぞ
 
 
 

5 名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


言ってることは正しいし
 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


>>5
いや戦国時代でも近隣の城に兵糧予め運んでおくとか普通にしてるぞ
 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


日本の戦国時代どころか春秋戦国時代の頃からあるぞ
 
 
 

14 名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


兵站がまともに構築出来ずに戦争なんかしてるわけないやろ
 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


>>14
つ太平洋戦争
 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


日本人の兵站意識の高さは二次大戦を見ても明らか
 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


いや、米と味噌はきちんと支給していましたし
足りない物は現地調達やけど

 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


日本軍「な、なんだって!?」
 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


そういうのたぶん三成くんの方が得意だと思うよ
 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


秀吉とか相手の兵站潰して勝ってるやん
鳥取城攻めとか米買い占めて、鳥取城に米が入らないようにしたんやし

 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


そもそも昔の人間が劣ってるって認識を改めろ
コンピューターも無しに地球の半径計算できる知的レベルやぞ

 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


なろうにでてくる中世世界が原始時代並みの知識しかない
 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


日本帝国軍「日本人は草食民族だから大丈夫」
 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


秀吉は備中高松城水責めの時、周囲の農村から米を高値で買いまくった
こうする事によってこっそり毛利方に米を運ぼうとする農民すら皆無にして兵糧攻めとしても完璧なものとした

 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


第二次世界大戦の頃の日本に転生した方が驚いてもらえるやろ
 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


兵站を意識してた武将は多いだろ
織田信長の配下の武将なんてなおさら補給線の維持や相手の補給を断つことに苦心してるじゃん

 
 
 

48 名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


ガチで兵站管理するなら平時から常に武器弾薬兵糧を管理する部署作る必要あるだろ
めちゃくちゃ金かかるぞ?
戦国時代にそんなまともな金策できるか?

 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


>>48
むしろ織田家はそういう銭勘定のできる家臣団だった。
だから長期遠征みたいなこともできた

 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


主人公を賢く見せるために
周りを池沼にするのは基本だから

 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


まあいつ終わるかわからない戦いなんて攻めてる側がまず嫌になるからね
 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


戦国時代末期まで長期の戦争が困難だったのは兵農分離が不十分やからやしな
 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


日本の中の戦で兵站ってそれほど重要か?
そんな遠征するわけちゃうやろ

 
 
 

名前:名無しさん投稿日:2019年11月17日


なろう主人公「ふむ、では牛に物資を運ばせてその牛を食べるというのはどうだろう」
 
 
 


 
(´・ω・`)なんでいっつも信長がいる世界なん?

(´・ω・`)もっと原始時代からやり直せ・・・・と思ったけど、ドクターストーンがそれだったわ
 
 
 



 


この記事へのコメント

個人情報などは書き込まないでください
現在コピペ(改行)荒らし対策のため10行以上書けない仕様になってます
10行以上だと「不適切なワードが」と出ます.



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  1. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:13:38返信する
    これに関してはヒラコーのドリフ最強じゃね?って思うわw
  2. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:14:10返信する
    戦国時代にタイムスリップしてその辺の村娘にちんぽ見てもらう!!
  3. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:14:28返信する
    ジンギスカン作戦キター
  4. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:14:28返信する
    兵站なんかこの時代の基本基本やろ
    石田三成が1番すごいのはこの兵站

    日本軍だといつの間にか
    軽視される兵科になってしまったが
  5. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:14:31返信する
    兵站無かったのって、基本現地調達だった源平の頃までだろ
  6. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:14:52返信する
    インパール作戦やめろ
  7. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:15:04返信する
    兵站の概念がない戦国大名なんていないよ?
    それが戦できる期間だし
    ないならないでその土地から奪うだけだよ?
  8. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:15:38返信する
    これなろうだけど、内容はほかのなろうとは全然ちがうよ
  9. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:15:39返信する
    やら管のケツマンコに出す!
  10. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:15:39返信する
    ちなみに自衛隊も正面装備は割とご立派だが

    兵站関連は割とボロいんだよな

    米軍みたいな実戦重ねてきた軍隊と比較にならんが
  11. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:16:42返信する
    使える道具少なかったから知恵を絞って色々やってんだから現代人より頭は良いよね
  12. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:16:48返信する
    >>10
    米軍くるまで単騎でやれって概念だろうからね
    長期遠征も考えてないだろうし、兵站疎かになるのはわかる気がする
  13. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:17:11返信する
    >>10
    自衛隊はそもそも米軍ありきでしか作戦を立てられない状況
  14. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:17:22返信する
    >>5
    鎌倉も南北朝時代も室町もじゃね?
    惣村みたいに村が自警して武装して
    ゲリラ村造るとそうも行かなくなったからか
  15. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:17:30返信する
    >>8
    その言い訳100万回聞いたわ
  16. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:17:33返信する
    >>8
    見た感じもろになろうだが
  17. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:17:52返信する
    システ・・・体系



    いや体系も明治時代に出来た言葉ぞ
  18. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:19:18返信する
    恋ピってなにかとおもったら・・・激寒
    あんなもん爆死だよ
  19. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:19:39返信する
    そもそも信長がなんで南蛮人恐れなかったのかって
    この兵站がもつわけねえっての知ってたからだし、
    長期戦になりゃ必ず勝てるって自信あったからだから
    兵站なんて基礎中の基礎だよ
  20. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:19:55返信する
    戦国時代の日本馬鹿にしすぎじゃない?なろうって
    だからなんちゃって中世のナーロッパファンタジーやってろよってなるわけで
  21. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:20:45返信する
    >>13
    実質州兵ですし
  22. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:20:47返信する
    これけっこう好きなんだけど
    信長に調子くれるのは止めて欲しかった
  23. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:20:50返信する
    >>10
    Twitterで現役自衛官どもが自衛隊は国内で戦うから兵站はそこまで必要ないとか言ってて引いた
  24. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:21:37返信する
    でも実際のとこ秀吉が朝鮮出兵で失敗したのは兵站を疎かにしてたからだろ
    朝鮮半島の上の方まで攻め込んでたのに結局戦線維持できずに撤兵したわけで
  25. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:21:38返信する
    別に第二次大戦の日本軍が兵站軽視してた訳でもなかろう
    単純に拡大した戦線に対して輸送機や輸送トラックや護衛の駆逐艦の数が足んなくなっただけで
  26. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:22:24返信する
    >>19
    どうだろう
    既に周辺に大量に植民地作ってて
    そっから来てるからな実際の南蛮人は
    純血より混血の方が多かった筈

    単純に当時の日本の兵力(軍人軍属だらけ)が世界有数で
    とてもじゃないが当時のヨーロッパの遠征軍では
    占領や攻略不可能だっただけだろう
  27. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:22:36返信する
    なんか普通に議論するお前らに草
    いつもそんな感じにしとけよw
  28. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:22:38返信する
    異世界ならともかく歴史上の人物まで頭悪くするなよ
  29. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:23:28返信する
    この作品、作者の中では主人公>>>>>>(超えられない壁)>>>>織田信長≧足利義輝>>>>>>>>前田慶次>>>>>>>>>>その他全武将みたい
  30. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:23:36返信する
    信長が女じゃないとか
  31. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:23:46返信する
    これなろうだっけ?
  32. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:23:47返信する
    まず女の言うことなんて聞く時代じゃないって
  33. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:23:56返信する
    >>28
    だが待ってほしい
    現実の偉人も異世界人の力を借りていたのではないか?
  34. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:24:12返信する
    この作者の百倍当時の人間のが戦争のこと考えてるわ
  35. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:24:13返信する
    とりあえずこのなろう野郎は信長の野望でもプレーして勉強してからものを書いたほうがいい
  36. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:24:21返信する
    >>24
    それは文禄の役。朝鮮が予想以上に貧しくて長期駐留ができなかったのが撤退要因
    慶長の役はその反省いかして補給は日本から行ってる
  37. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:24:27返信する
    異世界の物ってプレステのエルフを狩るものだろ?
  38. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:25:17返信する
    作品名すら書かずに叩くのって意味あんの?
  39. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:25:26返信する
    >>24
    全然違うがな、まさか李舜臣が日本軍の
    補給戦滅茶苦茶にしたとか信じてるタイプ?
    三成主導の兵站計画は問題なく機能してるが

    単純に小西行長の偽りの和平工作で朝鮮半島南部からの
    領有からの仕切り直しを余儀なくされてその間に
    秀吉がぶっ倒れて消極的になった挙句に死んでしまった
    方向性が分からなくなったから撤兵してるんだよ
  40. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:25:45返信する
    だからなろうはバカにされるんだよ
  41. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:26:01返信する
    それより従軍慰安婦だろ
  42. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:26:14返信する
    これ数ヶ月も前に載ってたやつだよな?
    いまごろってことは違法ダウンロードでもしてんのか?
  43. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:26:29返信する
    やっぱりドリフターズでいいや。
  44. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:26:29返信する
    朝鮮自慢の李瞬臣ってこの補給路断つのが本来の目的なんだけれど
    それは達成できずに普通に日本から補給は絶え間なく送られてた
    これが撤退になったのは秀吉が死んだからのみ
  45. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:27:37返信する
    何のマンガか知らんが、頭の悪そうな作者だな。それとも地球とは別の星の信長という武人の話かな。
  46. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:28:26返信する
    なんでなろう作家って一般常識がないの?
  47. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:29:12返信する
    たしかこの小説の作者って最後に参考文献を記載してるから
    根拠となる色んな文献参考してるんじゃなかったけ
    実際武田は兵糧が切れて撤退するところを追撃されたことあったし
  48. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:29:13返信する
    >>36逆やそもそも文禄の役では日本は朝鮮半島を
    自国に組み込む予定だったから略奪は軽度で済んでる
    小西行長の偽りの和平工作で仕切り直してかは
    始まった慶長の役では秀吉が早くに倒れたせいで
    消極的かつ各大名の軍費の回収の為に略奪が激しくなる

    ぶっちゃけ兵站を軽視しまくってたのは明軍の方で
    天兵と呼ばれてたが 日本以上に朝鮮からの略奪で
    兵站を賄ってた 義兵が明軍攻撃したりしてるのはそのせい
  49. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:30:13返信する
    やたら兵站兵站言うのって自称物知りのニワカって印象
    日本軍もそうだけど兵站を軽視してでも正面戦力を揃えないといけないこともあるからな
  50. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:30:29返信する
    信長みたいなまじもんの天才に
    なろう主人公が上からもの語るってw
    あの時代に黒人を側近にしてるから
    今の下手な外国人より人権意識まであるぞ
  51. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:31:24返信する
    >>24
    というよりは戦略目標が統一されてなかったから
    骨子はそもそも明に攻め込むことだけど
    その為に朝鮮を陥として通過して明に陣取るのか
    朝鮮を陥として整備してじっくり拠点構えるのかが定まってなかった
    指揮系統をまとめる宇喜多も迷ってバラバラに

    だから目標さえ定まってりゃ兵站整備も出来てた
  52. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:31:42返信する
    織田信長未来人説
  53. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:31:53返信する
    いや、秀吉とか米五郎左とか兵站の達人だったんですけど
    石田三成ら五奉行は朝鮮戦争の十数万の大軍の兵站を完璧に整備した
    このカス主人公じゃ足元にも及ばん
  54. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:32:07返信する
    だからナーロッパにしろと
  55. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:32:24返信する
    >>25
     アメリカ海軍は、日本海軍から、輸送船団の「船の数、船名から積荷、護衛の仕方のみならず、とるべき航路や、航海中ほぼ毎日の正午の位置」に関する情報まで得ていたのである。(「日本の暗号を解読せよ―日米暗号戦史」ロナルド・ルウイン 初出1982年 翻訳1988年 草思社 P215)

    このまとめ面白いから読んでみ
    日本海軍は輸送船を護衛しようとして位置情報をいちいち送信させてたせいでその暗号解読から情報を得てやって来たアメリカ軍の潜水艦に輸送船がバカスカ沈められて太平洋戦争にぼろ負けした

    何が、日本の輸送船を壊滅させたのか
    forest318.hatenablog.com/entry/20180318
  56. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:32:35返信する
    文禄の役では余りにも朝鮮軍がヤワイので
    戦功の為に加藤清正等(小西に先鋒軍取られたせいもある)
    どんどん進軍する将が出てきて石田三成の兵站計画に
    乱れが出た上に割と明後日の方向に進軍してしまってる

    ここら辺が忖度できない三成と加藤清正等の
    武断派の対立に繋がっていく訳だが
  57. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:32:41返信する
    >>47
    自国で米が取れないから略奪経済のために外征繰り返してた武田が兵站重視してどうするんだよ
  58. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:33:11返信する
    なろう主人公「兵糧攻めする前に城の周辺の米を買い占めてしまうのです(ドヤッ」

    秀吉「…とっくにやってますが何か?」
  59. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:34:00返信する
    戦国小町苦労譚 だったっけ?
    似たような作品やマンガがあるから間違ってたらすまん。
    つーか、このヒロイン。農業科のJKが戦国時代に転生(転移?)してってヤツだったはずだし、ニッチに売れているんだよなー。信じられんけど。
  60. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:34:01返信する
    兵站:食料とかを確保する部隊
    兵糧:軍隊の食料
  61. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:34:03返信する
    まーた登場人物の知能指数下げてイキっちゃう転生か
  62. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:34:22返信する
    どいつもこいつも現地調達を舐めすぎ
    古代の戦争で食料等の集積が重視されているのは周囲の村落の余剰生産が少なくて
    現地補給が出来ないから
    現地補給で軍隊が維持できるなら、その方が野戦軍は身軽になって機動の余地が増
    える。ナポレオン戦争でのフランス軍は現地調達を基本としているのはそのため
    あと現地調達=略奪ではない。現地で物品を購入するのが正規の方法で、主計科将兵
    はそのための存在でもある
  63. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:35:01返信する
    現代の一般人が戦国時代の有名人に勝ってる部分て有るか?
    人権意識くらい?
  64. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:35:15返信する
    >>58
    読んでねぇけどまさか秀吉がなろう主人公の兵站を真似していくっていう偉人アホ化現象は起きてないよねぇ...?
  65. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:35:31返信する
    >>46
    ちゃんと歴史を勉強してないんだろ、
    或いは勉強していても「この程度」でいいや、とな
    娯楽に文句言うなってなw
    …それにしても この類の作者は舐めているよな
    当時の人を馬鹿にし過ぎててムカつくわ
  66. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:35:35返信する
    内閣総理大臣織田信長 の作者って
    今 どうしてるの
  67. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:35:49返信する
    こういうのするならSSのまおゆうのほうがよっぽど考えられてるよな
    まああれは逆にやりすぎ感あるけど。オタクの知的レベルにあってない
  68. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:36:22返信する
    >>43
    ヒラコーは突き抜けた変態だけど間違いなく天才だよ
  69. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:36:57返信する
    何の為に支城があると思ってんだ
  70. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:37:23返信する
    なろうの作者ってやっぱ頭悪いの?
  71. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:37:29返信する
    >>57
    武田とかヴァイキングみたいなもんだからな
  72. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:37:40返信する
    >>55
    兵站軽視から防諜に話がずれてるぞ
  73. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:37:50返信する
    ん〜〜〜〜〜コイツはアホなの?

    こんなん当時からあるだろwwwwwwwwww
  74. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:38:16返信する
    多分いまだかつてなく足利義輝が活躍してる作品。宮本昌孝の小説よりも
  75. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:38:19返信する
    簡単に兵站ってこのなろうさん言うけど
    道の大幅な整備に備蓄の大量確保、荷を運ぶ家畜の生産、それを整える人材の育成
    合戦するよりはるかに金かかると思うのは俺が素人だからか
  76. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:38:19返信する
    そもそもそんな莫大な兵站があるなら戦争なんてする必要がないんだよなぁ……
  77. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:38:28返信する
    兵站の重視とか紀元前の漢の高祖劉邦ですら糧秣の管理をしていたショウカを最高評価するくらいにしてたわ
    (異論のある武官共をショウカに比べたらお前らは犬に過ぎないと一蹴)
    無知なクソなろう作家が
  78. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:38:49返信する
    >>25
    兵力の拡大に対し兵站の拡大が追いついていない時点で軽視している
  79. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:38:52返信する
    戦国小町苦労譚は序盤は面白いんだがライフル銃で
    武田倒してからは敵が小物しかいなくなってgdgd
    この前初期からいた狼が死だから、そこで〆とすればよかったんだけど
    どうなるかなぁ
  80. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:38:56返信する
    低学歴も極まるとこんな知障が出てくるのかw
  81. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:39:02返信する
    ???「そういうのをな、東洋じゃ『ブッダに教えを説く』って言うんだ」
  82. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:39:02返信する
    >>41
    それ韓国ラノベの作り話だよ
  83. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:39:06返信する
    >>62
    ヴァイキング、モンゴル

    オスマン軍は兵站能力もあったが略奪も結構やってる

    異教徒相手ならむしろ買取より乱取り略奪だよ
    敵の生産能力を破壊する目的もある
  84. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:39:38返信する
    レビューの点数が地味に高いの草ですわ
  85. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:40:50返信する
    >>82
    そのラノベ書いたの日本の朝日っていう新聞会社の人間だから
  86. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:40:52返信する
    >>65
    殊、戦争に関しては現代人より戦国時代の武将の方が100倍頭良いわ。
  87. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:41:04返信する
    >>76
    ナニを訳のわからん事を…………
    理由はそれだけじゃないだろ
  88. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:41:19返信する
    >>50
    人権意識?

    単純に解放奴隷軍人の
    マムルークみたいなもんだぞアレ
  89. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:41:43返信する
    割ときちんと考えて書かれてるから時代考察はましやぞ
    けど主人公が万能すぎるから,なろうらしい作品であることは間違いない
  90. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:42:34返信する
    >>75
    その全てが戦争の準備だろw
  91. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:42:44返信する
    >>68
    ドリフターズ2期はありそうですか?
    那須与一が男か女か分からんようなのでキモかったんですけど?
  92. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:43:52返信する
    >>78
    追い付かなかったのは政治情勢の悪化への対応だぞ
    アメリカと国力差がありすぎて背伸びしまくって正面戦力揃えてザンゲンヨウゲキで近海決戦しかない
    って言ってた連中に太平洋またにかける補給体制整備しろとかムリムリ
    予算はずっと陸軍が大陸で使いまくって破綻してたしな
  93. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:45:04返信する
    異世界行った主人公が兵站というか指揮統制を改革する話といえば
    ラノベに「A君(17)の戦争」てのがあったな・・・
  94. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:45:08返信する
    少なくともアホ専用なのはわかった

    兵站なんて言葉の問題で概念なんぞ
    はるかに大昔からあんだろ バカなのかw
  95. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:45:15返信する
    武将や勢力の扱いも作者の好みで決めてるっぽいんだよなぁ
    信長、義輝の優遇っぷりに比べ武田、本願寺のかまっせっぷりときたら悲しくなる
    戦国ファンは読まないほうがいいかもね
  96. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:45:34返信する
    >>84
    他のなろうに比べれば、食料増産からはじまって、戸籍作成、3年かけて硝石の作成、
    螺旋導入、共通規格、紙薬莢のライフリングと手順をふんで何年もかけて内政チートやってるからね
    いきなり魔法で銃をつくるなろう小説に比べればまだまし
  97. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:45:41返信する
    >>90
    ドリフのノブノブが言ってたのが正しいんだよなぁ
    「合戦そのものはそれまで積んだ事の帰結」
    「合戦に到るまで何をするかが戦」
    この認識が出来る作者がなろうにはいないのが致命的
  98. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:45:50返信する
    これ戦国小町か
    あれを考えて書いてるって言ってる人がいるのにビックリ
    最初3話で無茶苦茶なのわかるだろ
  99. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:47:21返信する
    >>96
    共通規格って……
  100. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:47:25返信する
    >>24
    信長死後秀吉は何をやったか覚えてないの?
    荒廃した朝鮮領土なんて欲しい太守なんていないだろw
  101. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:47:47返信する
    織田信奈の野望
  102. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:48:00返信する
    紀元前から考えとるやろ
  103. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:48:09返信する
    >>75
    一応食料増産からはじまり富国強兵への手順ふんでいる
  104. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:48:27返信する
    足利義輝ファンは一見の価値あり、イメージとかけ離れてるけど
  105. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:48:28返信する
    >>92
    南京まで攻略する気が無かった
    満州に集中したいから手打ちしたかった
    陸軍に 南京までやって蒋介石倒せ倒せしたのは

    近衛政権の政府中央と上海事変で
    陸戦隊が大きな被害受けた海軍なんだよなぁ
  106. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:48:53返信する
    敵地ど真ん中で15年戦ったハンニバルは何だったの?
  107. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:49:00返信する
    まずペニシリンを作ったJINの方がマシ
    当時は抗生剤が無いからちょっとした傷でも簡単に死んでしまう
    初手ペニシリン作り
    これで兵の損失が大幅に減る
  108. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:49:03返信する
    >>91
    やるんじゃない?
    与一は設定としてはありだろw
    兄ちゃん連中はもっと凄いって描写もあって完全にネタ枠だけど
  109. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:49:18返信する
    そもそも信長って戦争の前の準備で勝つタイプだから
    戦の知識なんて半端ないだろうに
  110. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:50:27返信する
    >>99
    ミリ・センチ導入で単位の共通化
    これがないとライフルみたいないくつかの部品を組み合わせる兵器の量産はできんからな
  111. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:51:12返信する
    >>106
    個人的に化け物の中の化け物と思ってるわ
    ピークに向かっていく古代ローマにあれだけやれるなんて
  112. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:51:20返信する
    >>100
    当時、大名に分け与えられる物が土地しかなかった以上、
    日本国内で土地がないなら他に土地を求めるのは当然と言えなくもない
  113. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:51:23返信する
    >>105
    なお石原を見習った独断専行
  114. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:52:05返信する
    これ普通やろ
    もっと現代の流通システムに則ったような画期的な兵站システムでも披露してくれ
  115. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:52:17返信する
    武田信玄のファンは見ないほうがいい。足利義輝ファンは一見の価値あり
  116. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:53:11返信する
    インパール牟田口が戦国時代に転生してみた
  117. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:53:23返信する
    信長のシェフ読んでる人なら楽しめる内容だよ
  118. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:54:28返信する
    話のぶっとび具合ではへうげものと同等かそれ以上
  119. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:54:29返信する
    そもそも戦国時代って基本的に夏しか戦争してないからな
    農民兵が基本だから春と秋は農作業あるし、冬は寒さと下手すりゃ雪で動けないし
  120. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:54:57返信する
    >>112
    江戸期までにまだまだ開拓できる土地はあったし
    土地以外の美術品なんかの資産価値を代替してたり
    別にそこまで土地が必要だった訳ではない

    実際は徳川政権が1度 3度目の出兵を
    考えた理由である求心力集めが理由ではないかと
  121. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:56:04返信する
    来年やるオリンピックのボランティアの兵站も駄目そうなんですが
  122. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:56:05返信する
    >>96
    マシじゃねーよw
    ナーロッパじゃない分酷いまであるわw
  123. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:56:08返信する
    >>110
    昭和でも難しい内容だろそれ
    戦国時代でそれをやろうとしたら歩留まり悪すぎてまともに数が揃わないぞ
  124. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:57:03返信する
    なろうって、読んでる層がアレだから間違いあっても指摘されないんだろうな
  125. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:57:06返信する
    主人公の無自覚チートっぷりとイキリ元公方様のイキリっぷりを楽しむ作品
  126. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:58:38返信する
    こんなのが存在すると本好きすら良作なのではと錯覚させられそう
  127. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:59:09返信する
    戦国時代の名将たちは、それなりの理由があって名将扱いされてる、そんな連中に兵站が如何の斯うのって、烏滸がましいだろw大平洋戦争の東條とかの軍人官僚や、部隊全滅させて下士官が無茶な作戦に反発し、部隊の離反を招いた無能の牟田口に言うならまだ分かるがw
  128. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 21:59:24返信する
    ラノベは基本架空の異世界設定だから馬鹿原住民で笑い話で流せるけど
    実在する時代・人物でラノベをすると作者の力量がモロに出るな~w
  129. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:01:05返信する
    織田家に兵站を説くとか釈迦に説法過ぎて震える
  130. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:02:23返信する
    中世西欧では傭兵依存が過ぎて常雇いの兵站部隊が衰退したけど
    かわりに兵団に軍需を提供する商人隊が随行するのが慣例化した
    死活的な実需があるから形をかえても存続するし概念も失われんで
  131. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:02:36返信する
    小荷駄の食糧が尽きたんなら近隣から略奪すればいいじゃない
    蛮族経済こそ最強と聞いたぞ
  132. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:02:43返信する
    マジレス良くないと思う
    なろうの読者層なら兵站が大昔からあったものだと知らない
    外野は黙っててほしいな
  133. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:03:31返信する
    >>102
    孫子「当然だぞ」
  134. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:04:01返信する
    >>132
    これは失敬

    拙者、野暮でござったか
  135. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:04:56返信する
    作者にとっては主人公が最強で信長、義輝が比較的マシな扱いだが他の武将は全員かませ
  136. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:05:36返信する
    信長の時代は兵農分離から兵站概念形成までの過渡期なんじゃね
    下から上まで全部見てきた秀吉の小田原で完成みたいな
    この漫画の子は十年先取りでより洗練された形をいきなり示したってくらいじゃないのか
  137. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:05:37返信する
    「いや これはほかのなろうとは違うんだよ」
    同じなろうの間でもマウント取りたいんかねえ
    これ読んでる奴は優越感覚えたりしてるんだろうな
  138. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:07:09返信する
    読んでるけど現代に帰りたいとか人を殺してしまったとかの葛藤が全くないのが人間味なくて不気味だわ
  139. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:07:54返信する
    >>130
    そのへんは原因と結果の順番が難しいところだな
    学者によっては
    「貴族の経済基盤が衰退し、戦時向けの武器食料の備蓄が難しくなった結果、それらを必要としない傭兵が重宝されるようになった」と論じる人もいる
    つまり兵站を維持できなくなったから、傭兵の時代がきたという論法なわけだ
  140. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:08:06返信する
    牛を食えなんて言ったら不浄だと切り捨てられるぞ
  141. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:08:06返信する
    どうせお前らは兵站の概念が戦国時代にあったこと知らなかっただろ?
    なろうをバカにするために知ったかぶりしてるね
    合ってるかー?
  142. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:08:17返信する
    そもそもこの時代こんな女の言うことなんて聞くやついないだろ
  143. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:08:42返信する
    足利義輝が活躍してる数少ない作品
  144. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:08:47返信する
    >>136
    応仁の乱や源平合戦のときはどうしてたと思ってるんだ?
  145. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:09:36返信する
    何てタイトル?
  146. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:10:26返信する
    なろう作者より信長の方がはるかに頭いいだろ
  147. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:11:52返信する
    >>142
    この漫画だけではなんともいえないけど
    戦国時代では、家柄の高い女は発言力あったよ
    その極端な例が淀君

    真田幸村の兄嫁も、義父の裏切りをきいて、彼が戻ってきたとき兵士に命じて城門を閉じさせたしね
  148. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:12:12返信する
    主人公というより主人公の家が異常
  149. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:13:00返信する
    >>10
    だって戦場が国内なんだもの
    平時は無駄なものは、作ろうとしても財務省がハネる
  150. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:13:58返信する
    戦国自衛隊定期
  151. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:14:15返信する
    >>144
    部隊の規模によるんじゃないか
    てめぇら各自食えるもん腰に括りつけとけ忘れんなよ
    で済む戦いが大部分かと
  152. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:15:14返信する
    織田信長、足利義輝、前田慶次らへん以外の武将は活躍が皆無の作品
    普通は主役級の秀吉や光秀はモブレベル。武田はかませ
  153. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:15:30返信する
    兵站と輜重の区別がついてないのが沢山いるのは分かった
  154. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:17:39返信する
    >「兵站を導入すればがらりと変わります」

    その兵站を維持するだけの人手と
    兵站の運搬に必要な牛馬と
    その牛馬を養うために必要な飼料は
    どこから湧いて出てくるんですかねぇ……
    現在の兵力から割くんですか?
  155. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:17:40返信する
    兵站とか難しい。。。。
    専門的な知識をさも常識なように語らないください!
    なろうをバカにするな!
  156. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:19:10返信する
    この作者はたまに戦国時代や武将をリスペクトしてるのか侮辱してるのかわからん
  157. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:20:53返信する
    信長とその配下の秀吉こそ兵站の申し子なんだけどな
  158. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:21:20返信する
    >>156
    どう見ても馬鹿にしかしてないと思うが
  159. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:22:13返信する
    信長の父、信秀が抑えていた津島は商人の町で、
    商業=流通、兵站をいち早く利用していたのだ
    あと肥沃な濃尾平野のおかげで余剰人員がでてそれらを常備兵に出来たのも大きい
  160. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:22:32返信する
    秀吉が飢え殺した、鳥取城の渇え殺しとか知らんのか
  161. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:23:02返信する
    やらおんはいくつかの特定の作品に粘着してる傾向があるな
  162. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:23:42返信する
    この作者って歴女の女?主人公に自己投影して信長ら有名武将に褒めそやされたい願望で書いてんなら最悪に痛ぇわ…

    男でこの内容書いてたらさらに痛いが
  163. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:24:40返信する
    >>154
    この漫画だとこの場面の前にコミック4冊分くらい
    農業と手工業の改革編やってた
    っていうかそっち系漫画だったはずなのにいつのまにか合戦編に
  164. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:27:15返信する
    これじゃあウリナラファンタジーと同じレベルだよw
  165. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:27:24返信する
    >>145
    コミックアーススターのサイトで読めるヤツ
    タイトルなんだっけな
  166. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:27:36返信する
    >>139
    もともと装備も含めて軍役は封建義務として傘下の領主の自弁だよ
    中世に貨幣経済が普及して軍役を金銭で代納するようになる
    傭兵はこれで雇ったもので、乱暴に言えばリーダーの負担は変わっていない
  167. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:28:00返信する
    >>10
    自衛隊の兵站、っていうか4科系統がクソザコナメクジなのにはちゃんと理由がある。決して兵站を軽視してる訳ではない。
    ちゃんと防衛省自衛隊の事を調べてから書き込めや中国人。
  168. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:28:23返信する
    多分ラストは信長が本能寺から未来にタイムスリップして主人公のじいちゃんになるんだと思う
  169. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:30:25返信する
    いまいち知名度の低い足利義輝を掘り起こしてきた点は評価できる
  170. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:30:38返信する
    信長のシェフは面白かったんだが
    あれもなろうカテゴリーなんかね?
  171. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:31:02返信する
    自分がよく知ってる分野でなろう小説家の細かい設定の揚げ足取りとか
    やってることはなろうの主人公と一緒だな
  172. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:31:36返信する
    これもいいけど琵琶湖付近の雑魚領主から始めるアレもいい
    足利義輝の扱いが真逆だけど
  173. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:33:36返信する
    兵站と言う言葉では無かっただけで当時から補給部隊はあるに決まってんだろアホ
    古代ローマでも中国でも普通にやってたよ、三国志でも読め
  174. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:33:53返信する
    この小説は農業改革やってる頃の方が面白かったな
    どのなろうも引き延ばすと話に収拾突かなくなってくる。
    プロの人はそういう所はうまいと思うわ
  175. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:34:07返信する
    部隊が数万の時点で都度現地調達は厳しい
    特に備蓄の少ない春から夏
  176. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:35:49返信する
    キングダム読んでるけど普通に兵站あるわ
  177. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:36:39返信する
    信長のシェフのケンもすごいがそれ以上だよこの娘
    多分数ある信長と未来人が出会う話の中でも最強クラス
  178. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:38:00返信する
    兵站より通信だよね
    ドリフで信長驚愕してたし
  179. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:38:02返信する
    琵琶湖付近の雑魚領主こそ信長の軌跡辿ってるくせに
    信長生かしてる時点でダメすぎだろw
  180. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:38:10返信する
    まあなろう作家如きが考えつくことを歴史に名を残す人物が思いつかないわけないよな
  181. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:39:00返信する
    ぜひ太平洋戦争時代に転生してアメリカと戦ってくれ
    最後は焼夷弾の炎に焼かれて死ね
  182. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:40:09返信する
    ジパング
  183. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:42:20返信する
    これ本国の農業改革(生産力)と用兵をセットにしたシステムの話だから
    通常の資源と徴発をベースにした兵糧部隊だけの話じゃないんじゃない?
  184. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:43:51返信する
    馬っ鹿おめぇ、このなろうイキリまんこが兵站の良さみについて教えてやったから、戦国時代の兵站が生まれたんやで。
    順序が逆! 逆なの!
    俺たちは・・・なろう後の世界に生きているんだ!

    信長は本能寺で死ぬ!!!
  185. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:44:09返信する
    この作品なろうだけど主人公より元公方様のほうがだいぶイキってるぞ
    気持ちのいいイキリだけどw
  186. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:45:52返信する
    これなら足利義昭の野望の方がいいよ
  187. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:48:35返信する
    この作品けっこう考証しっかりしてて本当に戦国時代が好きなんだと伝わってくるんだがそれだけに武田や本願寺のかませっぷりが残念
  188. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:48:40返信する
    美味いもの食べ過ぎて糖尿病なりかけの信長は
    どこのなろう作品の信長だったか…
  189. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:50:19返信する
    異世界人じゃ飽きたらず、戦国時代人まで作者の頭ガイジに合わせて知能下げられてんのか
  190. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:50:33返信する
    当時の織田軍だけじゃなくて各大名の軍はみな豪族連合軍だったので
    兵糧の管理は大体は各豪族が個々でやってたのでもっと中央集権的に専門部隊を作ってやりましょうって話じゃね?

    この場合兵站っていうのは兵糧だけじゃなくて道を作ったり休憩所を作ったり、武器だけを別に運んだりとかそういうのも含むのかと。
  191. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:51:11返信する
    このなろうの農地改革って現代の化学肥料使うこと前提の品種を
    堆肥だけで栽培したら何故か病気にもならずに3倍収穫できましたってもんだぞ
    それをちゃんとやってるって擁護入る時点でヤバいわ
  192. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:51:42返信する
    歴史上、兵站に拘って勝った例は実は少ない
    ヨーロッパ戦線で拘ったアメリカですら諦めてドイツを見習った電撃戦をw
  193. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:53:24返信する
    本能寺ホテルよりはだいぶマシな内容だよコレ
  194. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:54:52返信する
    >>153
    この場合は兵站で良いんだよ
    兵站はかなり広い意味で使われるから
    輜重は特に戦争関係なくても使うから適切ではない
  195. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 22:58:51返信する
    信玄も顕如もさんざんな扱いの作品。扱いに違和感ないのは色んな作品でもお馴染みのいつも通りイキリまくるお手紙将軍くらい
  196. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:00:56返信する
    >>187
    これが考証しっかりしてると思えるなろう脳の方が残念やわw
  197. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:01:01返信する
    文禄・慶長の役でやるべきだな笑
    伸びすぎた補給路が失敗の原因でもあったしな
    これで朝鮮制圧して大陸入りとかやったら評価したい笑
  198. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:01:02返信する
    オダノブナガって職業じゃないの?
  199. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:01:45返信する
    この話はフィクションですがこの作者の存在はノンフィクションです
  200. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:02:46返信する
    >>190
    >当時の織田軍だけじゃなくて各大名の軍はみな豪族連合軍だったので

    まずこの知識から間違いやで
  201. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:04:15返信する
    桶狭間の戦いがなぜ驚異的だったのかというと、今川軍がこの継戦能力のある兵站を完璧にしていたのに、奇襲で負けたからなんだよ。
    小荷駄隊どころじゃなくて、街道の町ごとに兵站備蓄を1年以上前から備蓄していた。なので、数万という規模の軍を長期間行動させる事ができてた。これが各地の戦国大名に学習されて、大軍での軍事行動が可能な時代に突入している。
    それまでは瀬戸内水軍の助力が不可欠だったので、西国でしか兵站を整える事ができなかった。大内や三好、細川とか全て水軍持ち
  202. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:04:19返信する
    格を保ってるのは信長くらいで他の武将はみんな主人公の部下として描かれてるんだよなあ…
  203. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:08:12返信する
    足利義輝がけっこう活躍する稀有な作品
  204. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:15:36返信する
    ほんと よーこんなまんがかけるなw
  205. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:27:01返信する
    中世風異世界を舞台にする理由がよくわかるな
    〇〇警察の出番を待つこともなく一般人でもツッコミ入れたくなってしまう

    武将を女体化とかは真面目なツッコミを避けるためのある種の免罪符
  206. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:27:22返信する
    別に戦国大名でなくても思いつくでしょ?
    例えば旅行先で手持ちの金とか食料が足りなくなると予測が付くなら
    じゃあ追加で送るよ、ってなるじゃん?
    普通の事でしょw?
  207. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:29:01返信する
    時代ごと頭弱くするのやめとけ〜
  208. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:29:57返信する
    嫌なら読まなきゃいいとは言うがこんな小説が存在してること自体気にくわない
  209. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:32:41返信する
    幼女の司令部は頭いいから面白いわ。
  210. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:32:52返信する
    >>190
    世代的には信長の前の武将である、
    武田の棒道って相当に有名だと思うけど、どう?
  211. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:34:54返信する
    そりゃあ馬鹿しか居ない異世界に飛ばす訳だわなw
  212. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:38:17返信する
    瀬戸内に限って言えば今みたいに陸路がゼンゼン使えないからね、江戸時代になってからの干拓地だらけなんだよ…しらないならブラタモリでも見直して来い
  213. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:38:53返信する
    >>197

    まーだ言ってるよ
    アホはちゃんと勉強し直せ

    朝鮮の役は単に 秀吉が倒れて方向性が
    分からなくなって進軍止めて秀吉死んだから
    一方的にポスト豊臣政権が放棄して帰っていった戦いだ
  214. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:39:37返信する
    >>190
    秀吉の

    中国大返しはソレ使ってやったんだよ
  215. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:41:16返信する
    >>201
    アレはマジで信長のまぐれ勝ち

    桶狭間山にゲリラ攻撃しに行ったら

    大将がいる陣でドンピシャ

    義元の首とったらスタコラサッサ
    義元の首は取り返されたが刀は奪った
  216. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:43:15返信する
    >>192
    アメリカ陸軍の教本にもあるな
    兵站だけに拘っても戦争に勝てはしないと
  217. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:44:47返信する
    どのなろう作品もだが、この主人公まったく現代に帰りたいとか人を殺してしまったとかの苦悩葛藤がないのが人間味なくて不気味なんだよな
  218. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:46:24返信する
    こういう話を書ける度胸が凄いよ
    思い付いてもそれを人前に出せるなんて普通はやれない
    でもなろう作者はやれちゃうから成功するんだろうな
  219. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:47:40返信する
    歴女がタイムスリップする話か
    出自の不確かな女なんて奴隷として売られて終わりやろ
  220. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:47:49返信する
    もうゲートやドリフターズでいいやん、どうせマジンガーZやガンダムは作れないんだから、ゲッターロボは戦国時代でもゲッターチームは元気にサバイバルしてたんだぞ
  221. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:48:32返信する
    「淡海乃海 水面が揺れる時」を読め
    無茶苦茶な知識チートが無くて、こんなゴミより100倍面白いぞ
  222. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:49:05返信する
    中国の兵法とか絶対に伝わってるはずで、当然補給線をどうこうする作戦とか山ほどやってる。で、その重要性知らないわけないじゃん。ふざけるな、だよ。
  223. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:49:45返信する
    この作者の中では
    主人公>>>>(超えられない壁)>>>>足利義輝≧織田信長>>>>>>>>その他全武将みたいなかんじらしい
  224. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:49:59返信する
    >>197
    あの役は、秀吉が各武家を消耗させる為の謀略だぞ、マトモに補給線を確保する気なんかありゃしない。本気で北京まで攻略するなら、豊臣が大軍編成し殿軍率いて徳川を朝鮮半島に送り込んでだろ、あと、兵站は既に出来ていた、新たな城を沢山築いて防衛ラインでは完膚無きまでに撃退してる。初手で大分消耗してる朝鮮軍がマトモに補給線を破壊するなんてほぼ無理、かと言って明軍の装備じゃ機動力や戦術や突破力の差が埋められない。

    だいたい、昔から仲がいい前田利家と信長時代からのお互いの苦労を知ってる徳川家康には、秀吉が朝鮮半島に渡らないように促している。
  225. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:50:36返信する
    そもそも水攻めとか包囲とか籠城とか考慮した築城だろ?ふつうは…
  226. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:51:39返信する
    ていうか初めてまともに兵站考えて戦したから信長秀吉が天下統一できたって感じだろ
    謙信とか毎年考えなしに関東に攻め込んで兵糧がなくなったら帰るって感じやん
  227. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:52:38返信する
    FGOレベルの歴史冒涜だな
  228. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:52:40返信する
    戦国時代にいきなり本城を攻めずに周辺の小白から攻め落とすのは食糧貯蔵も考えてたのにな
  229. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:53:22返信する
    小荷駄と兵站を区別して話してるシーンじゃなかったっけ。
    兵站を維持するために農業改革したんだし
  230. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:54:19返信する
    >>224
    それもアホ
    それなら秀吉が子飼いの九州勢中心にするかよ
    三成も兵站線にはかなり気を配ってるし

    単に小西行長の偽りの和平工作の時間稼ぎ
    成功で秀吉の健康寿命 と寿命が先に尽きただけ
  231. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:55:52返信する
    当時は灌漑技術なんてないから単純に
    米どころ=川に近い平野
    濃尾平野を早期に抑えて米と金に困らなかった信長が天下を取ったのは歴史の必然
  232. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-17 23:57:53返信する
    紀元前からあったしな
  233. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 00:00:35返信する
    諸葛亮「木牛流馬使えよww」
  234. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 00:00:59返信する
    小学生向けならこれぐらいでええやろ

    …まさか中高生向けとか大人向けじゃないよな?
  235. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 00:07:31返信する
    兵農分離やった信長に兵站説くのか
  236. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 00:18:42返信する
    この作者、教科書や小説読んだ程度じゃないくらい当時の知識あるんじゃなかった?
  237. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 00:18:47返信する
    現代の高校生がちょっと歴史をかじった程度でマウントとれるほど
    戦国時代の人間はバカではないってのは超同意
    戦争続きだから戦に関しては研究しまくってるだろうよ
  238. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 00:33:16返信する
    実在しない人物ならともかく、実在した武将を阿呆にするなよ……
  239. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 00:36:00返信する
    普通に古代や中世でも兵站は重視されてたけど
    ナポレオンが出てきて、兵站なんかいらん速度が落ちるだけ
    現地調達すればええんや! みたいな発想で快進撃したから
    そこで一回兵站の概念が覆ってるだけなんやで

    なお明治維新初期にフランス式軍制を受けいれた日本陸軍もこの影響が根強く残っていた
  240. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 00:39:15返信する
    戦国時代に援軍のあてもないのにやたら籠城する奴いるなと思ってたら、兵站の維持がろくに出来ないせいで撤退する奴がいたからなのか…
  241. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 00:41:22返信する
    >>240
    援軍なんて来なくても
    普通に収穫期まで粘れば撤退してくれることも多いぞ
  242. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 00:46:46返信する
    兵站チート国家といえば古代ローマ
  243. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 00:47:26返信する
    わい将「ヤ○ト宅急便に兵站を任せるのです」
  244. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 00:49:50返信する
    信長っぽい武将がいる別次元の異世界に転移したんやろ
  245. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 00:50:12返信する
    現代人は電気、スマホとかに頼りすぎだから中途半端な過去に行ったら逆に弱体化する
  246. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 00:53:49返信する
    >>237
    こと戦争にかけてはめちゃくちゃやり合ってるからな
    島国だからスケール小さい戦闘が多いけども
  247. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 00:55:22返信する
    むしろ、大砲の重要性とシーレーンの概念、三兵戦術の方が戦を変える。
    信長は後継の秀吉がやったように、統一後に海外への遠征考えてるわけだから。
  248. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 00:55:40返信する
    喋ってる間に首飛ばされて欲しい
  249. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 00:59:47返信する
    いやその継戦能力の維持が大変なわけで
  250. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 01:02:16返信する
    他のなろう作品で、戦国時代に転生した主人公がたまに軍師っぽいことするけどほぼ死ぬまで兵糧管理するだけの話とかあったなw
  251. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 01:04:17返信する
    兵站でイキるならせめて三国志の時代にやれw
    あの頃は兵站ができるってだけで天才軍師扱いされるレベルだからな
  252. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 01:05:24返信する
    中世レベルの文明に転移して知識マウント取るんじゃなくアインシュタインとか少し前の時代の偉人になるともう知識で敵わないからマウント取れなくなるんやろな
  253. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 01:05:39返信する
    >>63
    科学知識

    …とはいえ、文系じゃ無理だな
  254. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 01:05:51返信する
    他のなろうの歴史モノに比べればまともってレベル
    これで読めないならなろうで読める物はない
    そして俺はもう読めない
  255. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 01:08:13返信する
    >>252
    超紐理論知ってればアインシュタイン相手にマウント取れるぞ

    アインシュタインは結局統一理論を完成させることができずに死んだからな
    4次元以上の発想ができないあたりがアインシュタインの限界よ
  256. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 01:08:50返信する
    インパール作戦時代になろう主人公が転生するのか。胸熱

    なろう主人公「原爆作って一発逆転しましょう」
  257. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 01:09:58返信する
    >>239
    フランスってカスやな
    王族皆殺しにして国民粛清した後そんなことやっとったんかw
    そら外人部隊なんか作らなあかんようなるわw
  258. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 01:11:23返信する
    >>256
    マヨネーズ太郎にご期待ください
  259. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 01:16:04返信する
    おなかいたい・・・

    こっちは頭が痛いよ・・・
  260. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 01:16:55返信する
    >>178
    戦国時代に通信技術を持ち込むためには千空並の科学知識が必要だから歴女じゃ無理だw
  261. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 01:24:30返信する
    戦国時代は織田家と豊臣家が兵站のツートップだろ
  262. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 01:25:20返信する
    牟田口カッコイィ~~~
  263. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 01:29:44返信する
    「なるほど・・・ようやく線が繋がったわ」

    繋がるのは点と点じゃね?
    線てもうそれ繋がってる状態じゃね?
  264. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 01:39:13返信する
    原始時代もあるんだよなあ~マイナーなだけで
  265. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 01:58:31返信する
    山や林をがっちり管理して、材木や竹を確保してたからな。
  266. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 02:36:08返信する
    一握りの優れた人だけがかけ算出来るのと
    全員がかけ算九九を暗唱してるのとは全然違うよね。
    これってそういう話なのでは?
  267. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 03:02:57返信する
    なぜか戦国時代にはまともな兵站が無かったみたいに書いてる本もたまにあるからなぁ
    案の定作者は、歴史学者コンプで反骨精神から定石の逆ばかり唱えようとする作家()だったりするんだが
  268. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 03:06:14返信する
    兵站なんて三国志の前時代の項羽と劉邦の頃の戦争(紀元前206年)にも描かれているじゃん。
    漢の宰相の蕭何が大量の物資を送り続けることで漢軍を飢えさせなかった。
    武器がなければ戦えないし、飢えた軍隊は指揮が下がり逃亡があえ次ぐからな。
    三国志でも補給隊を襲うシーンもあるわけで。
    紀元前からの常識だろう。
  269. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 03:09:30返信する
    >>239
    ナポレオンは、缶詰の元になる瓶詰めを発明させてまで兵站を確保したんですが、それは・・・
  270. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 03:18:34返信する
    >>267
    食料問題から兵站維持が難しいんだよ中世は。
    現代の様な収穫量がある訳でもなし、だから5000とか1万人1週間分の糧食を用意するだけでも大変で、ましてや継続的に補給線の維持とか不可能、作中である小荷馬はあくまで糧食の輸送隊で其処に補給は考えられてない。(食料はないのに補給も糞も無い、現地調達とかが当たり前の時代だし。)
  271. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 03:22:24返信する
    >石田三成が1番すごいのはこの兵站

    これな
    このなろうの作者は知らないんだろうな
  272. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 03:32:01返信する
    >>169
    剣豪将軍知名度低かったのか…野望やってりゃほぼイベント出てくるレベルだし有名だと思ってたわ
  273. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 03:36:05返信する
    第二次大戦の時の日本も兵站のことは考えてたで。前線まで届かなかっただけや。
  274. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 03:48:32返信する
    戦国時代というか、このくらいの時代は農民ですら賢かったからなぁ
    キリスト教布教しにきたザビエルが、その辺の農民に入信すれば天国行けるぞって言ったら、じゃあ今まで死んだ親兄弟は地獄行ったんか?地獄に行った連中は救えないのか?って総ツッコミ食らって答えに困ったりな
    分別や道理ってもんは上は当然ながら下の連中までしっかりあった

    そもそも兵站なんて孫子の兵法にすら出て来るんだから、それより1000年以上後の時代で兵站知らんなんてことは有り得ないわな
  275. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 04:02:49返信する
    当たり前だけど「作者より頭のいいキャラは産まれない」
  276. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 04:04:43返信する
    有史以来、日本がもっとも兵站を軽視したのが第二次世界大戦だからな。
  277. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 04:40:52返信する
    >>66
    家業を継いだって話を10年ぐらい前にみた
  278. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 07:18:57返信する
    常識が覆るって言葉言わせるの好きよな
  279. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 07:22:18返信する
    中国では3000年前からある戦略思想
  280. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 07:37:35返信する
    そんな必死に粗探ししなくても・・・

    むしろ恥かいてるぞww
  281. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 07:44:46返信する
    >>25
    物質調達だけでなく、それをいかに安善に運ぶかまでが兵站じゃん
    集めました、燃やされました、沈められましたじゃダメなんだよ・・・
  282. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 07:45:50返信する
    当のノッブが付け城してずっと包囲続けて戦争続けるというのを美濃辺りからよくやってたんですが
    兵站構築せずしてそんな真似できるわけもなく
  283. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 08:05:36返信する
    関羽「降伏兵で少し足りなくなったけど俺ですら水運で兵糧確保しとったわ」
  284. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 08:06:57返信する
    >>282
    付け城水攻めといった工作も兵站の重要要素だけど
    これはそこに言及しとるのかね?
  285. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 08:08:03返信する
    >>280
    必死じゃなくてドリフターズ読者レベルの常識なんだよ
  286. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 08:09:31返信する
    >>281
    自動車出てくるまで陸上輸送がどれだけ困難な事がを描いてなきゃ兵站を語る作品としては落第だわな
  287. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 08:10:30返信する
    >>276
    アレでも結構頑張ってたんやで
    アメリカがチート過ぎるんや
  288. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 08:14:57返信する
    戦国時代に自信ニキ多すぎじゃね?
    急にワラワラ出てくるなよ怖いだろ。
  289. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 08:31:10返信する
    当然のことだけど、物語の中の最高の知性が作者の知性を超えることはない。
    つまり「バカには面白い話は作れない」っていうこと。
    何事も勉強が必要なんだよな。
  290. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 08:36:43返信する
    >>288
    自信どころか少し歴史かじった常識レベルでおかしいから馬鹿にされてるんやで
    お前もバカの仲間か?
  291. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 08:46:21返信する
    いいけどさ
    なんで漫画になってから取り上げるの?
    戦国小町苦労譚なんて6年も前から連載されてるのに
  292. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 08:48:01返信する
    >>291
    なろうのゴミ溜め漁るのはオタでも異常な部類なんやで
  293. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 09:06:47返信する
    兵站 平坦な胸
  294. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 09:12:10返信する
    紀元前を舞台にした「項羽と劉邦」でも蕭何が兵糧と兵士の補給を切らさなかったことで戦功第一になったのにな
  295. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 09:17:08返信する
    主人公自身が作中で言ってるがあくまで先人たちの知識を学んで利用してるだけで主人公自身が何かを考え出したりすることは少ないからそこまで不自然に無双してるわけではない

    むしろ歴女かつミリオタだから戦術とかは現代で最先端のものを知ってるので戦国時代のそれよりは上で当然
  296. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 09:20:57返信する
    いつ終わるか分からないのは本当に死ぬ。
    デスマ経験者談。
  297. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 09:22:11返信する
    足利義輝も活躍するので気になる人は読もう
  298. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 09:33:49返信する
    平均花子よりは面白い。絵は地味だが
  299. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 09:49:12返信する
    戦国小町か
    なろうの中ではマシな方と言いたいが、やっぱりたまにイラってくることある
    知識無双とか女主人公にありがちなオッサンハーレムとか
  300. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 09:51:52返信する
    >>295
    散々指摘されてるけど戦国大名無能にして活躍させてる時点で不自然な無双なんやで
  301. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 09:54:38返信する
    >>299
    知識無双するなら
    ドクストみたいな理系理系か信長のシェフやJINみたいな一流専門家じゃなきゃ無理
  302. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 09:56:54返信する
    >>301
    爺さんに仕込まれた農業知識での無双がメイン
    でも歴女なので戦闘系の知識や武器製造の知識もある事になってて草
  303. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 09:58:35返信する
    >>302
    ちゃんとハーバーボッシュしてる?
    これ無いと現代農業技術とか無意味
  304. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 10:04:54返信する
    兵站より敵に勝てる正面戦力の方が重要。
  305. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 10:12:08返信する
    >>287
    連合軍の巨大な戦力に対抗できる戦力を捻出し、
    なおかつそれに十分な補給を与えることができるのだとしたら、
    日本の国力は連合軍に匹敵していることになる
  306. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 10:13:06返信する
    化学合成肥料作成とかじゃなく種籾を塩水仕分けとか
    苗育成してからの規則正しい田植えとかやで
  307. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 10:15:00返信する
    少しは調べてから書けばいいのに
  308. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 10:21:46返信する
    >>306
    それ当時の水田じゃ役に立たない技術だよ
    苗育成もハウスや品種改良化学肥料といった技術有ってこそやし
    おまけにそれだけじゃ劇的な増産に繋がらない
    作者は農業知識すら怪しいな
  309. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 10:26:42返信する
    >>295
    戦術戦略なんて時代や戦い方や条件が変われば通じなくなるのに何言ってんだこいつ

    まだ「未来から来たから先の展開を知ってる」を強みにする方がよっぽど説得力あるわ
  310. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 10:28:44返信する
    >>283
    むしろ関羽はそういうことができるから有能武将だった
    三国志時代だとまだ兵站ができない脳筋武将とかもいたから、そこで有能無能の差がつく
  311. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 10:31:52返信する
    アホが考えるガイジ向けの物語
  312. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 10:33:12返信する
    >>118
    へうげものは割と史実に忠実なんだよなぁ
    史実に「書かれてない」部分でめちゃくちゃやってるだけで

    それすらも絶対にありえないような事はやってない。
    物理的には起こり得る範囲内でやってる。
  313. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 10:34:39返信する
    兵站ってのは「輸送」だけではないからな

    乗り物の足が速く、遠いところまで行ける現代だから、
    「輸送」がメインに思えるのだが

    当時の兵站は輸送でなくて、「設営場所」が問題であった
    簡単に言えば、戦地に近いところに食糧庫があれば
    延々と旅をしなくてもいいよな、ってことで
    まず場所が問題だったのだ
  314. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 10:38:00返信する
    現代だと、乗り物に一杯積めるし、足が速くお届けデリバリーも早いから
    「いかに自分の家に溜め込むか」が重要視されるが

    当時はなかなか数を多く持って行けないし、道が舗装されておらず
    動物や人力でしか持っていけなかったため到着も遅かった

    そのために、どこを食糧庫にするか、食糧の収穫地はどこか、が最重要だった

    つまりは、「都市計画込み」の話だったんだよ
  315. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 10:39:38返信する
    戦国時代の兵站は、「輸送をどうするか」だけではない

    「どこにどんな街を作ろうか」がまず先

    大変だっただろうなあ

    まず栽培技術が発達してなかったから収量が安定しねーし
  316. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 10:41:29返信する
    お前らが言ってる問題点は全部、作品中で解決してるから
  317. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 11:04:50返信する
    >>316
    そもそも作中じゃなくて当時の戦国大名の常識やからな
  318. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 11:06:52返信する
    >>313
    付け城の意味を理解してないのは
    この作品の作者だけやろな
  319. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 11:13:55返信する
    >>144
    その時代は基本ヤクザの抗争レベルだから全部持ち出しよ。
  320. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 11:16:45返信する
    古代のローマや中国で兵法のセオリーが確立してからは
    口伝や書物通じて兵站の重要性は大抵の国の有能武将は既に学習済みやろ
  321. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 11:17:25返信する
    そりゃ出来たら凄いよ。
    で、知識だけで出来るのかって話。
  322. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 11:55:04返信する
    >>317
    この作品、その常識が戦国大名に広まる前の話なんだが
  323. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 12:06:16返信する
    >>322
    その辺の常識は
    信長以前の今川やら三好やらの時点で確立されとる
  324. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 12:07:31返信する
    >>322
    その常識ってのは春秋戦国時代からある概念だよって話さ。
  325. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 12:20:45返信する
    テレビもねぇラジオもねぇたまにくるのは回覧板
    みたいな弱小ザコ織田家では皆が驚く最新知識だったんだろ
    それでいいじゃないか
    今川さんだってわざわざこれから併呑しようっていうザコどもに
    こうした方がいいよなんて教えてくれないだろ
  326. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 12:26:32返信する
    秀吉、光秀らの活躍が見たい人は読まないほうがいい。ほとんど活躍しないので。
    逆に作者の推しらしい足利義輝とか前田慶次とかはめちゃくちゃ活躍してる。
  327. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 12:31:03返信する
    >>323
    >>324
    常識なら左上の武田上杉の話はどうなるの
    武田上杉は不勉強武将なのか
  328. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 12:33:50返信する
    >>325
    普通に今川より都会なんだよなあ
    当時の信長が掌握出来てないだけで尾張は農業商業両面でチート国
  329. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 12:39:36返信する
    >>327
    上杉も武田も山超えで自動車でもなきゃ大量の物資を持ってくるのは不可能だし外交的に国を空けっぱなしにも出来ない
    基本的に当時の技術だと海路じゃなきゃ大軍を支える輸送は不可能なんだよ
  330. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 12:50:19返信する
    >>328
    知識があってもできることとできないことがある
    環境、人口、技術、その他諸々の条件があるからな

    「これをやれば完璧だからやりましょう」→「よしできた」となるのは
    この低学歴三流なろうライターとお前みたいな低能の脳内だけだよw
  331. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 14:23:30返信する
    >>330
    漫画の次のページを読め
  332. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 14:50:07返信する
    >>53
    あのさ天下統一後と戦国時代では状況が違う、戦国時代では小さな国単体での食料供給と朝鮮への出兵時では投入できる供給量が違いすぎる。
  333. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 14:53:25返信する
    この漫画絵が地味に見えるけど上手いし可愛いんだよな
    巻が進むにつれてスカスカになってる感あるが
  334. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 15:12:55返信する
    >>331
    読んだら納得できんのけ?
  335. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 16:14:16返信する
    みんな戦国時代好きすぎだろ
    信長の野望脳かよ
  336. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 16:45:38返信する
    なろう系って間違い訂正する編集いないのか?漫画の三国志やら戦記ものですら描かれてるレベルすら知らんって
  337. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 17:55:20返信する
    最新の武器を用いた最新の戦術を披露するなら兎も角
    戦争での基礎的な運用方法が確立されてない訳無いだろ
  338. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 18:12:59返信する
    >>328
    "知っている"と"できる"の差を理解してないのが
    いかにもなろう系読者だな
  339. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 19:53:10返信する
    黙れドンや包囲殲滅陣は笑えたけどこれは流石に酷すぎる
  340. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 21:50:36返信する
    FGO並みの歴史冒涜だな
    作者はFGOのシナリオでもやってろや
  341. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 21:55:56返信する
    牟田口有能論は草
  342. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-18 22:13:26返信する
    大本営「兵站・・・その手があったか!」
  343. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-19 05:17:56返信する
    誰とは言わないけどあいつガソリン被って死ぬべき
  344. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-20 01:08:00返信する
    >>287
    兵站軽視してたのは間違いないよ
    当時の兵站担当の参謀なんかはそれを理解して嘆いてたし
    要するにまともな司令官がいない
  345. 名前:名無しさん 投稿日:2019-11-20 04:19:13返信する
    「とりあえず兵站用の物質を隣国で略奪してくるわ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。